自然の力で治ってゆくのを医者は監督しているに過ぎぬと医者は云うが、 そんなバカげた医学があるものですか。


自然の力で治ってゆくのを医者は監督しているに過ぎぬと医者は云うが、
そんなバカげた医学があるものですか。

(代田文誌『鍼灸真髄』より)

明治から昭和にかけての鍼灸の名手、沢田健の言葉。

人に自然治癒力があるからといって、ただ見守っているだけでは、医学でもなんでもありません。

時には積極的な働きかけが必要です。

今日の一言

トップページ