鍼をさすは 気血の滞りをめぐらし

鍼をさすは
気血の滞りをめぐらし
腹中の積をちらし
足の頑痺をのぞく

(貝原益軒『養生訓』「鍼」より)


今日の一言

トップページ